電話番号0473216834

〒272-0033 千葉県市川市市川南1-10-1 ザ タワーズウエスト 1F 102

無料矯正カウンセリング予約 24時間受付中のWeb予約はこちらから!

矯正について

透明なマウスピースによる歯科矯正 インビザライン

invisalign

インビザライン(マウスピース矯正治療)とは

市川駅前矯正歯科で使用するインビザラインシステムは、これまでのワイヤーを用いた歯列矯正治療とはまったく異なる治療法です。患者さまご自身で取り外しが可能でかつ目立ちにくい厚さ0.5~0.75㎜の医療用マウスピースを使って矯正治療を行っていきます。複数のマウスピースで、歯を希望の位置に少しずつ移動させます。1週間から10日で新しいマウスピースに交換していくことで歯が動くようにデザインされています。1枚のマウスピースで動かす歯の量は、最大で0.25㎜で設定しているため従来のワイヤーを用いた歯科矯正と比べて痛みを感じにくいことが特徴です。

iTero element(3D口腔内スキャナー)

従来の矯正歯科治療では、矯正治療を開始する前に歯科専用の粘土でお口の中の型どりを行っていました。患者さまご自身の歯型の模型を作り、治療計画を作成するための資料の一つとして必要だからです。この粘土は、お口の中に入れてから固まるまでに、約3分~5分かかります。このため喉の奥に流れるような感覚があり嘔吐反射が強い患者さまには不快感が強い治療法でした。

私たち市川駅前矯正歯科では、粘土での型どりの代わりに3D口腔内スキャナーiTero elementを導入しています。3D口腔スキャナーでお口の中をスキャンすることにより、瞬時にPCの画面上に患者さまご自身の歯型を作製して確認することができます。この患者さまごとのデジタルデータをアラインテクノロジー社(本社:米国)に送ることにより、治療計画を作成する準備が開始することになります。インビザライン(マウスピース矯正)を導入しているクリニックでも、3D口腔内スキャナーが無ければ粘土で型どりしたものを箱に入れてアメリカまで輸送することになります。このためデジタルデータでのやりとりに比べると、オーダーメイドのマウスピース(インビザライン)が完成するまでに時間を要することがあります。

私たち市川駅前矯正歯科では、初診矯正相談でいらっしゃった患者さまがインビザライン矯正(マウスピース矯正)を開始できるまでの期間は最短で3週間となっております。もちろん矯正治療では、スピードだけでなく精度も重要視されます。3D口腔内スキャナーでのスキャンは、粘土での型どりに比べて歯の細かな凹凸や形を再現することに優れています。

3Dシミュレーション(治療計画立案)システム  クリンチェックを用いた最先端治療

3D口腔内スキャナーiTero elementで患者さまごとのお口の中のスキャンをおこなった後、インビザライン(マウスピース矯正)では、クリンチェックと呼ばれるアラインテクノロジー社独自の3D治療計画システムを通じて、治療完了に至るまでの総合的な治療計画の立案・検討を行っていきます。
精密検査で得られた情報、具体的には、お顔の写真・お口の中の写真・全体レントゲン写真(パノラマ)・正面レントゲン写真(正面セファロ)・側方レントゲン写真(側貌セファロ)・3D口腔内スキャナーでのデジタルデータをもとにPC上での治療計画を作成していきます。これまでの矯正歯科治療は、3D口腔内スキャナーによるデジタルデータがありませんでした。そのため各々の検査結果を分析した後、目に見える形で治療計画や矯正治療後のイメージを患者さまと共有することが困難でした。現在の歯並びの状態から、矯正治療終了までにどのような順番で歯が動いていくのか、患者さまの理想的な歯並び・かみ合わせに近づけることができているのかを確認し、ゴールを共有しながら矯正歯科治療を進めていくことができるのは患者さまだけではなく、私たち歯科医療従事者の立場でも非常に魅力的です。

それから、これまで矯正歯科医の感覚的な部分に依存することが多かった0.1㎜単位の治療計画も、クリンチェックに反映させることができます。これにより今までは歯を数本抜いて矯正歯科治療を行うことが多くありましたが、0.1㎜単位の治療計画をデジタルデータに組み込むことが可能になったおかげで、抜歯せずに矯正歯科治療を進めることができる確率が高くなりました。

矯正を行うメリット

merit

噛み合わせ

噛み合わせが悪いと顎を動かす筋肉に負担がかかり、顎関節の異常や肩こり、頭痛など口腔内以外の部分にも悪影響が出てしまいます。矯正を行うことで、きちんとした噛み合わせを実現し、体全体の健康にも良い影響を与えます。

歯のケアがしやすくなる

歯並びを綺麗にすることで、歯みがきがしやすくなり、磨き残しも減り、むし歯や歯周病リスクを軽減できます。

見た目のコンプレックスを解消

出っ歯や受け口など、見た目にコンプレックスがある方にはストレスを解消でき笑顔が増え、表情筋が鍛えられることでアンチエイジング効果も期待できます。

治療の流れ

flow

カウンセリング・精密検査
STEP1カウンセリング・精密検査

初めに患者様のお口のお悩みや矯正に関する無料相談を行います。また必要な処置や治療期間、費用などをご説明します。
その後、インビザライン矯正治療に必要な検査を行います。口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内撮影、歯型の印象を取ります。

3Dシミュレーション・治療計画
STEP23Dシミュレーション・治療計画

アメリカにデータを送付後、3Dのデジタル歯列が出来上がります。
診断結果、治療計画や治療期間についての説明は3Dシミュレーションをご覧いただきながら行います。3Dシミュレーションでは、治療完了後の歯牙の最終位置まで確認することができます。このシミュレーションや治療計画を元にカスタマイズしたアライナーを作成します。

インビザライン製作
STEP3インビザライン製作

治療シミュレーションを承認後、インビザラインを発注します。
この段階で、患者様にはお支払いをお願いしております(クレジットカード対応可)。インビザラインの完成には3~4週間かかります。

治療・定期的な診察
STEP4治療・定期的な診察

完成したアライナーを毎日装着していただきます。2週間ごとにアライナーは交換します。6~8週間おきにインビザラインドクターの診察を受けていただき治療の進捗を確認します。治療完了後、歯牙の位置の安定のためにリテーナーを装着するケースがあります。

インビザラインの魅力

appeal

☑ 患者様それぞれのお口に合わせたオリジナルマウスピース

インビザラインでは、お口の中のデータをスキャンし、米アライン社へデータを送信後、歯科医師と正しい噛み合わせや、歯並びへ向けて治療計画を立てていきます。患者様それぞれのお口に合わせた高精度なオリジナルマウスピースが出来上がります。

☑ 3Dシミュレーションを用いた最先端の治療

患者様ご自身の口腔環境に加えて、500万人以上の矯正治療計画データに基づき、最適な矯正計画をシミュレーションしてまいります。治療開始から完了に至るまでのイメージを3Dシミュレーション動画で確認いただいてから矯正治療を開始します。

☑ 見た目に配慮した矯正装置

インビザラインは、ワイヤーではなく透明で薄いマウスピース型矯正装置を使用しますので、付けていても目立つことがなく、また違和感も少なくて済みます。

☑ 今まで通り食事を楽しめる

取り外しが可能なので、食事を今までと同様に楽しむことができます。また歯みがきも普段と同じようにできるため、お口の中を清潔に保てます。

☑ 通院が負担を軽減

一般的なワイヤー矯正の場合、治療が終わるまで30回程の通院を要します。しかし、インビザラインは1~3ヶ月に1回の通院になりますので、時間や費用の負担を軽減できる場合があります。

従来のワイヤー矯正との比較

comparison

取り外しが可能

インビザラインは、治療完了まで取り外しができないワイヤー矯正装置と比べ簡単に取り外しが可能なため、歯みがきやお手入れなどを普段通り行うことができます。

目立ちにくく違和感が少ない

インビザラインは、透明のため、目立ちにくく、また柔らかい素材でできているためワイヤー矯正装置に比べ、装着時の違和感が少ないのが特徴です。

体への影響

金属性のブラケットやワイヤーを使用するワイヤー矯正とは違い、インビザラインは、金属を使用しないため、金属アレルギーの心配が要りません。

治療中の違い

インビザラインは、2週間に1回程度の段階的な調整になります。矯正している実感があり、ワイヤー矯正に比べ、調整時の痛みが少ないのが特徴です。

ページの先頭へ